カードセキュリティについて

このページでは、ゆめカードが発行するクレジットカードを安心してご利用いただくためのご注意事項をご案内いたします。

クレジットカードを安心してご利用いただくために

カードご利用上のご注意

  1. カード裏面にサインしてください。
    油性ペンまたはボールペンで、はっきりとあなたの名前をご記入ください。
    ※紛失・盗難の際、第三者がサインを記入して悪用する場合がありますので、必ずご自分でサインをしてください。また、サインのないカードで不正使用された場合、カード利用代金の支払いが免除されません。
  2. 譲渡・貸与はできません。
    カードを利用できるのは、会員ご本人に限ります。ご家族でも、譲渡・貸与は禁止されています。
    ご家族が利用を希望される場合は、家族カードをお申込みください。
  3. 諸変更の際は必ずご連絡ください。
    住所・電話番号・勤務先・名前・支払口座などの変更は、当社へご連絡ください。
  4. 大切に保管してください。
    カードには表面、裏面ともに磁気テープが入っています。磁気が損なわれる恐れがありますので、ハンドバックの留口などの磁石にお気をつけください。車の中など直射日光の当たる場所に置くと、変形する恐れがあります。

カードの不正使用未然防止にご協力をお願いいたします

当社では、お客様に安心してクレジットカードをご利用いただくためにご利用状況のモニタリング(不正使用の監視)を行っております。お客様にはご不便・ご迷惑をおかけする場合がございますが、何卒ご理解・ご協力をお願いいたします。

  1. カードのご利用を制限させていただく場合がございます
    モニタリングにより不正使用の可能性を検知した場合には、カードのご利用を一時的に制限させていただく場合がございます。
  2. 当社よりお客様へご連絡をさせていただく場合がございます
    カードのご利用がご本人によるご利用であることを確認するため、ご連絡をさせていただく場合がございます。
  3. カードの再発行をお願いする場合がございます
    不正使用の恐れがある場合、被害を回避するためにカード番号を変更して再発行していただくようお願いすることがございます。

暗証番号の管理にご注意ください

  1. 暗証番号は、誰にも知られないように厳重に管理してください。家族や、どんなに親しい友人でも暗証番号を教えることはおやめください。
  2. 暗証番号は、お客様だけにしか分からない番号を設定してください。 第三者に推測されやすい生年月日の組み合わせ、電話番号、ぞろ目、連番などを設定することはできません。
  3. 万が一暗証番号を使ってクレジットカードが不正使用された場合、 その損害につきましては原則としてご本人様請求となりますのでご注意ください。

ID・パスワードの管理にご注意ください

最近、インターネットサイトで登録されているIDとパスワードを不正に入手し、悪用する事案が発生しています。複数のサイトで同一のID・パスワードを使用していると、不正に入手したID・パスワードで第三者が別のサイトにログインし、クレジットカード情報が悪用されてしまう危険性があります。

【ID・パスワードに関するご注意点】

  1. 複数のサイトで同一のID・パスワードを使用しない
  2. ID・パスワードは他人に教えない
  3. 他人に推測されやすい文字をパスワードに使用しない(例:名前、生年月日、電話番号、住所、単純な数字の羅列 等)
  4. パスワードは定期的に変更する

こんなトラブルにご注意ください

悪質なインターネットサイト

最近、正規のインターネット通販サイトを装う、悪質なサイトでのトラブルが急増しています。
これらの事業者は画面上は日本語でも、実際は海外の事業者であることが多く、トラブルの解決が大変難しくなっています。
(トラブルの例:商品が送られてこない、返金・返品に応じてくれない 等)
インターネットショッピングを行う際には、信頼のできるサイトであることを十分にお確かめいただき、購入するかどうか慎重に検討してください。

【購入前に要チェック!】

  1. 連絡先に電話番号や住所の記載がありますか?
    連絡手段がメールアドレスしかない場合は要注意!
  2. 日本語の表現が不自然ではないですか?
    例:「梱包には絶対に丈夫、安全、ご安心ください!」 等
  3. 正規品と比較して、価格が極端に安くはないですか?
    市場価格より極端に安い場合は、正規品かどうか慎重に判断する必要があります。
    ※ただし、これらに該当するサイトすべてが偽サイトであるというわけではありません。

尚、このようなサイトで詐欺に遭われた場合、当社では原則補償いたしかねますのでくれぐれもご注意ください。

オンラインゲームの高額利用

スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、お子様がご家族のクレジットカードをオンラインゲームで利用し、高額な請求となる等のトラブルが増えています。

【オンラインゲームのトラブルを防ぐために】

  1. お子様の端末に、安易にクレジットカード番号を登録しない
    一度端末にクレジットカード情報を登録してしまうと、決済ボタンを押すだけで有料のアイテムやゲームの購入が可能となります。端末に登録したカード情報は削除することが出来ます。
  2. オンラインゲームのご利用について、ご家族でルールを設ける
    「有料のアイテムやゲームを購入する際には事前に保護者に相談させる」「ゲームの時間や購入金額を制限させる」等のルールをお子様と一緒に決めることも、トラブルを防ぐのに有効です。
  3. クレジットカードを適切に管理する
    クレジットカードの入った財布等は、お子様の手の届かない場所に保管してください。

有料メール交換サイト

最近、「有料メール交換サイト」と消費者との間でトラブルが発生しています。このようなサイトでは、サイトで知り合った相手とメール交換をするために、ポイントを購入するよう誘導されるなどして取引を継続させられた結果、気づいた時には高額な請求となってしまう場合があります。「後でお金は貰えるから…」とメール交換のために必要なポイントを購入したが、お金は誰からも貰えず、高額の請求だけが残ったというケースが多発しています。

クレジットカードでのポイント購入は自己責任となりますので、十分にご注意ください。少しでも不審に思った場合は、お近くの消費生活センターまでご相談ください。

クレジットカードショッピング枠現金化

クレジットカードのショッピング枠の現金化は禁止しております。

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」とうたった広告を新聞、雑誌、看板、インターネット等で見かけますが、これらの決済にクレジットカードが利用されていることがあります。
このような取引行為は換金目的であり、当社では会員規約で禁止しております。また、このような利用をすると、思わぬ犯罪やトラブルに巻き込まれる危険がありますので、決して利用しないでください。

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、クレジット会社、銀行等の企業を装い、電子メールにより偽りのホームページにアクセスするよう仕向け、そのページにおいて個人の情報(クレジットカード番号、ID、パスワード、アカウント情報等)を入力させ、個人の情報を不正に入手する行為です。
不正に入手した個人情報を悪用し、他人になりすまして買物をしたり、インターネットバンキングからお金を引き出したりするなど、大きな問題となっています。

【聞き出そうとする情報の例】

  • クレジットカード番号、暗証番号
  • キャッシュカード番号
  • 住所、氏名、電話番号
  • オークションやインターネットバンキングサイト等のIDやパスワード

当社のスタッフが、メールにてカード番号や暗証番号等をおうかがいすることはありません。不審なメールを受信された際は、直接電話で当社にご相談ください。

フィッシングを分かりやすく説明した動画があります。

日本クレジットカード協会 フィッシング詐欺にご注意ください
http://www.jcca-office.gr.jp/consumer/stopphising.html

プリペイドカード詐欺

最近、プリペイドカード(プリカ)のID(10数桁の番号など)を不正に取得しようとする詐欺業者とのトラブルが発生していますのでご注意ください。

「プリペイドカードそのものを相手に渡していなければ大丈夫」と安心してしまいがちですが、IDを伝えるだけで、購入した金額を相手に全て渡したことと同じことになってしまいます。
後になってだまされたことに気づいても、いったん相手に渡した金額を取り戻すことは非常に困難です。

プリペイドカード詐欺を分かりやすく説明したサイトがあります。
下記のボタンをクリックして、サイトをご覧ください。
プリペイドカード詐欺の被害に遭わないようにお気をつけください。

一般社団法人 日本資金決済業協会のサイトに移動します。
http://www.s-kessai.jp/consumer/giftcard_prica_netprica/sagi1.html

盗難

盗難カードによる不正使用が多発しています。カードの保管・管理には十分ご注意ください。

《代表的な手口》

  • 車上盗
    レジャー施設等の駐車場や、保育園・幼稚園の送り迎えで一時的に停めた車から貴重品を盗む手口。

    【被害に遭わないために】

    車から離れるときは、短時間でも必ずドアをロックし、貴重品を持って出ましょう。
  • 仮睡盗
    電車内や駅のホーム、路上等で眠り込んでいる人から貴重品や鞄を盗む手口。

    【被害に遭わないために】

    人気のない場所で眠り込むのは危険です。特に、飲酒の後などにはご注意ください。
  • ブランコスリ
    飲食店等での食事中に、壁や椅子に掛けられている上着から貴重品を抜き取る手口。

    【被害に遭わないために】

    貴重品は必ず身につけましょう。
    上着や鞄はなるべく目の届くところに置くようにしましょう。

スキミング

クレジットカードのデータを機械で不正に読み取り、別のカードにコピーして不正使用する手口。
磁気データの盗難は、小さな機械で一瞬にして行われるため、クレジットカードは手元に残っていてもデータだけを盗まれていることが多く、気づきにくいことから被害が大きくなってしまう可能性があります。貴重品はなるべくお手元から離さないようご注意ください。